疲労から起きるあらゆる症状

疲れからの症状だと思ったら、口唇ヘルペスを発症していました。

健康に自信のあった私ですが、口唇ヘルペスになってから疲れたら休むことにしています。季節の変わり目に唇の端が切れて中々治らない状態が続きます。皮膚の乾燥が原因だと思い、薬用リップを使っていましたが、悪化しました。顔中に水ぶくれが破れた状態で、カサカサの花が開いたみたいです。他の症状は、体調は疲れやすさを感じていましたし、熱は微熱が何日か続いていました。病院に行くことは全く考えていなく、熱がでたら市販の総合感冒薬を飲んでいました。季節がはっきりと変わったら落ち着くだろうとしか考えていませんでした。
皮膚科の病院に重い腰を上げて行ったのも、周りの私の顔を見て心配する声が多かったからです。診断の結果は、口唇ヘルペスで、人に感染する恐れがあるので、絶対安静の自宅待機と言われました。先生にも、もう少し早く治療できればすぐに治るのにと言われました。顔中の水疱が潰れた状態が一番悪いと言われまました。水疱瘡のような体に水疱ができたことが分からなかったので、顔中に花が咲かせてしまいました。その後塗り薬、飲み薬を服用して直しました。結局、皮膚科に初めて受診してから会社復帰までに1週間かかりました。症状はその時は落ち着いていたので、絶対安静の自宅待機は暇を持て余していました。
口唇ペルペスになってから、知り合いに感染したらどうしようかと悩んでいまいたが、身近な人から似た症状になった話を聞くこともなく安心しました。その後、この病気は疲れてくると出てくるので、無理をしないで生活をしています。夏になると指先に水疱ができた時はすぐに診察を受けました。似た症状かと思ったのですが、口唇ペルペスとは違って汗が原因な皮膚病でした。同じような症状がでたら前回の残りの塗り薬を使わずに、自己判断をしないで皮膚科で診察をしてもらっているのが、最初の受診した時の教訓を学んでいます。
おすすめ情報