疲労から起きるあらゆる症状

口唇ヘルペスの症状と治療について

電車などでも、口唇ヘルペスの方を見かけることは多々ありますね。見かけるたびに、「ああ、口唇ヘルペスなんだぷと思い、きっと今この人はお仕事が忙しくて、ストレスが溜まっていたり、免疫が低下しているのかなあと思ったりしています。口唇ヘルペスというのは、口の周辺が赤く腫れて、水膨れ状態になり、しばらくしてかさぶたになって自動的に治る、というものです。しかし状態によっては、痛みやかゆみを伴ったり、倦怠感、頭痛、風邪のような症状を伴い、大人ほど強い症状に襲われます。特に多忙だったり、過労、ストレスがたまって、ホルモンのバランスが悪い時等に発症しやすく、また一方で、胃腸が弱っている時のサインだという人もいます。
口唇ヘルペスの症状は数日で消えてしまうものの、その数日間、少々目立ってしまいますので、早く治療をするか、なるべく再発しないように、心がけるのが一番です。治療方法としては、過労をさけ、十分に睡眠をとって、休養することが最も早急な治療です。また、ビタミンB2の摂取を心掛けるとよいでしょう。唇の状態が悪いと、すぐに唇を舐めてしまいがちですが、舐めると症状が悪化しますので、なるべく舐めないように、乾燥させる方向に持っていくのがよしとされています。また清潔を心掛けるために、消毒用アルコールなどで軽くふくと感染することが亡くなります。唇というのは案外不衛生になりやすいもので、女性の場合はしっかり口紅を遺さないようにふき取るようにしていただければ、症状も早く緩和されると思います。
おすすめ情報