疲労から起きるあらゆる症状

口唇ヘルペスの症状と原因、その対策。

この夏、初めて口唇ヘルペスにかかりました。アルバイトを兼ねたガーデニング作業を田舎でしていたときのことでした。ある朝、起きて顔を洗うときに唇のふちあたりが妙にムズムズする違和感に気づきました。軽いしびれもありました。なにかの植物にかぶれたのかもね、と周りの人と話していたのですが、それにしても唇のふち以外はどこもなんともありません。湿疹も出なければかゆみも発症しませんでした。そのうちに治るだろうと、特に何もせず放っておいたのですが、日を追うごとにそのムズムズとしびれは強くなっていきました。3日目くらいには唇が腫れ上がり、特に上唇は蚊にひどく刺されたかのようになってしまいました。唇に水泡が出来たのはそれから間もなくしてでした。触るとすぐに潰れて、水のようなものが出てきてきました。痛みも伴うようになったのですが、いわゆる切りキズや擦りキズとは違う、チクチクするような独特の痛みでした。スケジュール上、医者に行く暇もなくそのまま放置。2週間ほどでほぼ治ったのですが、帰宅してからもなんとなく気になって、遅れ馳せながら近くの皮膚科にいってみました。
「症状がある時でないと正確な診断はできないけれど」と断ったうえで、おそらく口唇ヘルペスではないか、と先生。良く効く薬があるので、症状が出てすぐに皮膚科を受診すれば2週間もかからず治るとのこと。原因は疲労などで免疫力が落ちることや、紫外線に刺激されて起こることなどだそうです。慣れないガーデニング仕事、紫外線が強い標高の高い場所での作業、思い当たるフシは確かにありました。口唇ヘルペスは一度かかると、その後も症状を繰り返すらしいのですが、あれ以来、ちょっと疲れたり風邪気味になったりすると、唇のふちが頻繁にムズムズします。次回から、腫れ始めたらすぐに皮膚科に行こうと思います。
おすすめ情報