疲労から起きるあらゆる症状

口唇ヘルペスの辛い症状と特徴

ヘルペスとは、単純疱疹と帯状疱疹の二つの事を言い、ヘルペスウイルスが原因でその症状も似ていると言います。昔は“熱のはな”や“風邪のはな”とも言われ、主に顔や口の周りにできます。そして、そのヘルペスができる場所によって、唇にできれば口唇ヘルペス、陰部にできれば陰部ヘルペスなどと呼ばれています。一般的には口の周りや陰部などに水ぶくれや発疹ができ、その部分に違和感や痒さなどを感じるという症状ですが、その症状の出方もその人それぞれの体質や体調によるため、ヘルペスウイルスの感染に気づかないという例も多いそうです。
ただ、ヘルペスウイルスは、20代〜30代では約半数、60代ではほとんどの人が持っているというデータがあるほど、誰もが持っている可能性があるウイルスで、症状が治まってもその細胞の中には存在し、繰り返し再発するという特徴も持っています。ヘルペスウイルスが珍しくない例としては、子供の頃にかかった水疱瘡もそのウイルスが原因の一つで、帯状疱疹はその長年体内に存在していたウイルスが突然症状として出てきてしまうものです。
口唇ヘルペスもひどくなると、突き刺さるような激しい痛みやブツブツとした水疱、患部から流れる液体が、外に出かけて人と会うことも嫌になり、食欲も進まなくなります。女性でしたら、化粧などで幹部を目立たなくすることもできますが、可能なようでしたら休暇をもらい、体力の回復に努めるのが一番です。ただ、症状が治まり患部が目立たなくなるまでは2週間程度を要することもありますから、仕事の上でも無理をしないように心がけましょう。
おすすめ情報